自営業者にとってのローン

実は自営業者にこそローンは必要だったりします。なぜなら会社や店、事業を立ち上げる上で初期費用がかかるからです。仮にサラリーマン時代に費用を貯めていたとしても、足りなかったりする場合もあります。なにより数年かけて計画的に貯めて起業する人がすべてではありません。そういうときに、初期費用すらなければ起業も叶いません。

 

「そもそも費用も無いのに自営業を目指すな」といえばそれまでですが、世の中うまくいかないこともあります。そこで借金、つまりローンをしなければなりません。
しかし「これから一人で事業を起こしてみようと思うんです!」と銀行に行ってもまず無理でしょう。そこで頼りになるのがカードローンなどですね。

 

また起業の際に限ったことではありません。自営業の入金は非常に不規則です。取引先の会社によって変わりますから、予期していなかった入金遅れも往々にしてあります。そのときとりあえず生活費を捻出しなければなりません。「生活かかってるんで!」と正直に言って、「じゃあ払います」という取引先はまず無いでしょう。
そこでもローンが役に立つでしょう。サラリーマンだと給料日がわかっていますから、そこに向けて計画的にやりくりすればいいだけのこと。
しかし自営業者は入金日に向けて耐えていても、それがさらにまた来月になってしまうこともあります、考えただけで辛いことです。

 

自営業者にこそローンは必要なのに、逆に自営業者に風当たりの厳しいローン。本当にうまくいかないものですね。