住宅ローンとは

住宅ローンとは、家の新築や改築を計画している際に、その費用として銀行などからお金を借りるローンのことです。非常に多額の融資となる為、今住んでいる家や土地などを担保に入れて、それを受けて金融機関は融資を行います。

 

住宅ローンは大きく2つに分ける事ができます。
ひとつが公的住宅ローンです。金利面などが有利になる反面、担保となる土地や家に対する審査が厳しくなります。しかし平成19年に公的住宅ローンの一部が廃止され、公的住宅ローンを利用するケースは極めて稀となりました。

 

もうひとつが民間住宅ローンです。
銀行や、金融機関、住宅ローン会社など民間企業による融資になります。こちらが今でいう住宅ローンの総称といってもいいでしょう。特徴としてですが、自営業者に厳しいという点が挙げられます。いきなり自営業者の方々にとっては厳しい現実かもしれませんね。融資限度額は公的住宅ローンに比べ多くなりますが、それが理由かわかりませんが自営業者に対して厳しい審査が入るのが民間住宅ローンになります。

 

しかし民間住宅ローンも以前とは違い非常に多様化しています。銀行やJA、一般の住宅ローン企業など様々です。審査基準ももちろん会社や企業によってバラバラです。
自営業者の方も諦める事無く、自分に合った住宅ローンを組んでくれる会社を探してください。

 

自営業者だって夢のマイホームは欲しいはず、そのうえでは住宅ローンは欠かせません。根気よく探しましょう。

住宅ローンを組むには

では自営業者がローンを組むにはどうすればいいのか?そのコツをここではご説明します。
何度も言ってきたことですが、自営業がローンを組むには安定した収入と、返済計画が必要になります。安定した収入の参考期間は、過去3年遡った収入を指します。

 

まず自営業者の方で節税対策のために収入を安く見せる手法をとられている方がいらっしゃいます。家を買う予定が無ければ良いのですが、予定があればみすみす自分の収入が少ないように見せるのは、審査の際に不利になります。したがって1年後にもし家を買う予定があれば、節税対策で収入を安く見せるのはやめましょう。

 

過去3年間の収入でポイントになるのが、黒字かどうかです。売上高があっても赤字であれば事業としてはうまくいっていません。
なので、まずは黒字を目指してください。そのためには経費などにも目を配らなければいけませんね。

 

また市場の動向をチェックし説明する事も必要です。むやみに大きなプロジェクトがあるだのと夢物語を言っても聞いてもらえませんが、きちっと資料を持って将来性のある事業であることと、そこに見合ったマーケットが存在していることを納得してもらえれば、融資は可能です。
この際、あなた自身の人間性も見極められるでしょう。なにも収入だけがすべてではありません。最終的に人となりで運命を分けた人もきっといるはずです。真摯な対応を心がけましょう。

 

自営業がローンを組むには、まず黒字を目指すこと。展開している事業が成長できるマーケットであること。そして真面目であること。こういったことに注力する必要があります

フラット35

フラット35とは、住宅金融支援機構が取引先の民間の金融金庫と共同で融資を行う住宅ローンのことです。フラット35の利点として挙げられるのが、金利が長期固定であるということです。返済期間が最長35年もあります。
一方で不利な点としては、技術基準適合住宅でなければ一切融資を受けられない点にあります。

 

当初はこんなカタカナ文字ではなく「証券化支援による新型住宅ローン」という長いサービス名でした。今の「フラット35」という名前になったのは2004年のことです。

 

自営業の方々にとっても非常に有効なサービスと言えます。なにより国と民間からの融資というのが安心感があって良いですね。
もちろんそこに向けた審査も厳しいですが、それをクリアすれば金利が長期に固定された融資を受けることができ、自営業の方でも安定した収入が長期であれば、決して大金持ちで無くても夢のマイホームを手に入れることができるでしょう。

 

フラット35はもちろん戸建てだけではなく、分譲マンションにも使えます。基準などをクリアしていなければなりませんが、現在賃貸や借家に住まれている方も分譲マンションを購入の際はフラット35も有効な選択肢かもしれませんね。
フラット35は日本でも一番有名な住宅ローンですが、他にも民間企業の実施している様々なプランがあります。自営業の方はサラリーマンに比べ門戸が狭い分、自らいろいろとリサーチするよう心がけましょう。その地道な作業が夢のマイホームへの、遠いようで、実は近道になるはずです。