夫婦でバラバラの自営業をする

自営業を営みご結婚されている方で、共働きの方はけっこう多いと思います。駆け出しの頃は収入が安定しないという実情もあるでしょう。ひょっとすると旦那様、あるいは奥様の事業を「手伝うから!」という感じでプロポーズされた、仲睦まじいご夫婦もいらっしゃるでしょう。「二人で頑張ればどんな困難にも立ち向かっていけるさ!」というドラマのようなパターンですね。
実際飲食店なんかご夫婦でされているところもたくさんありますよね。旦那様が脱サラをされて奥様が嫌々店を手伝っているみたいな(笑)従業員の給料を支払う必要がないので、家族を従業員にするのはそれはそれでアリなのかもしれません。

 

一方で夫婦別々の自営業をされている方々はいらっしゃるでしょうか。これも案外多かったりします。
というのもフリーで働いている方々は人脈が非常に重要ですから、自営業同士の繋がりというのも出てきます。弁護士仲間や、医者仲間、デザイナー仲間など。お互いに仕事や自営業の苦労を知っている分、打ち解けるのも早いかもしれませんね。
ただお互い収入が不安定という悩みもあって、結婚を機にどちらかが勤めに出るというケースも聞きます。しかし夫婦でバラバラの事業を展開されているとなると、それはそれで刺激的な日常が待っているのではないでしょうか。
子どももパパとママ、どちらの仕事を継ぐのか迷ったり。それは夫婦で自営を頑張っておられる方々のみの悩みであり、楽しみでもあるかもしれませんね。