自営業の多い仕事の業態はどういったものが多いでしょうか。
まず飲食店の店主が挙げられると思います。もちろん吉野家やワタミ、モンテローザなどの全国に数百店を展開している飲食チェーン店は自営業ではありませんので、個人でやっている飲食店になります。
いくらチェーン店の力がすごいといっても、街を歩けばほとんどの店は聞いたことのないその店単独の屋号を掲げています。
それらすべてが自営業による経営ではありません。地場に拠点を置いた飲食企業のいち店舗かもしれませんし、単独店でも、法人登記をされている企業の飲食事業としての店である場合もあるかもしれません。
しかし往々にして街の飲食店は個人で頑張っておられる自営業のケースが多いでしょう。もし飲食店に入られたら、ひとつ自営業の話題でも振ってみれば、涙涙の苦労話が聞けるかもしれませんよ。

 

他に自営業が多い仕事といえば、農業なんかも多いのではないでしょうか。
最近でこそあまり見かけませんが、自宅の畑で採れた野菜を行商で売られているおばあちゃん、あれも立派な自営業です。ただ開業届を出されているかは不明ですが。まだまだ農業も元気ですから、農業の個人事業主さんも多いはずです。

 

他は医療関係もそうですね。いわゆる開業医という仕事です。
歯科医、内科医、外科医、眼科など、大きな大学病院ではなく、地域のお年寄りのコミュニティのようになっている町医者ですね。その他弁護士も自営業でしょう。

 

このように自営業というのは街の飲み屋さんから、弁護士などいわゆる高所得イメージの強い職種にもあるようですね。